どて煮

今回はレシピサイトを見ながら、
どて煮を作って見ました!
どて煮のレシピは記事の最後の方に
記載してあります。

 



 

参考にさせていただいたレシピにも
書いてあったのですが、
どて煮って本気で作ったら、
とっても時間がかかるらしいです^^;

そもそも、本場のものを食べたことがないし、、、
どて煮って、、、なに?(笑)

っていう疑問は一旦置いておいて、
今回はレシピ通りに作ることに専念しました。
(後々記事にする予定です)

正直、今回は結構つまずきました。

どて煮丼にしたかったのですが、

温泉卵が上手にできなかった

のと

最寄りのスーパーに赤味噌が売っていなかった(笑)

のが主な敗因です(笑)

ちなみに温泉卵は
熱湯に入れて数分間放置( ´ ▽ ` )
っていうのがいつものやり方なんですが、
気温が低すぎて、
卵の最初の温度は低いし、
熱湯が冷めるのも低いっていう
ダブルパンチで3回やり直す羽目になりました(T_T)

で、赤味噌なんですが、
雪道の中探し回りました(笑)

1個見つけた添加物たっぷりの
赤味噌を発見し、泣く泣く購入しました(笑)

僕の住んでいる地域は
赤味噌を食べる文化がなく、
そこまで流通してないんですね、、、

ネットで買えばよかったなって
後悔してます(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日田醤油みそ 三年味噌750g 天皇献上の栄誉賜る老舗の味
価格:1404円(税込、送料別) (2018/1/21時点)


 
赤味噌のお味噌汁、
美味しいですよね〜(o^^o)

ちなみに、赤味噌と白味噌の
色の違いってどうして起こるのか知っていますか??

赤味噌の赤色は、
大豆が熟成するときに
アミノ酸と糖が反応して褐色になるときの
色なんだそうで、

反応を起こすアミノ酸と糖の
もととなるたんぱく質を
製造段階で取り除けば白味噌、
取り除かなければ赤味噌になるみたいです^^;

具体的には
白味噌は大豆を茹でることで、
タンパク質を水と一緒に流してしまうのに対して、
赤味噌は大豆を蒸すことで
タンパク質を外部に出さないようにしているんですって、、、

そういえば中学校の時、
理科で習ったな〜って、、、
懐かしいです(笑)

 

だいぶ脱線しましたが、
今回つくった”どて煮”のレシピです!
 

sug1t0m0_insさん(@sug1t0m0_ins)がシェアした投稿

 

今回はこぶた…さんのレシピを参考にさせていただきました!

ブログランキング参加しています!

 

応援(クリック)よろしくお願いします(o^^o)
読んでくださってありがとうございました!

 

 




Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/sug1t0m0/danshimeshi.com/public_html/wp-content/themes/mytheme/functions.php on line 123